ドキュメンタリー映画『岡本太郎の沖縄』

風邪で仕事を休んだ。

意外と動けそうだし時間もあったので、どうしようかと考えた。

温泉とかスーパー銭湯で時間を潰そうかと思ったけれども、風邪に温泉ってあまりよくなさそうだし、人にうつしても申し訳ない。

平日昼間の映画館ならそう人はいないだろうと思って、

ちょうどただ券もあったことだし、映画を観ることにした。

ドキュメンタリー映画『岡本太郎の沖縄』

を鑑賞。

岡本太郎(1911-1996)は1959年と1966年の2度沖縄に旅をしたのだそうで、そのときの体験や、沖縄の様子を描いたドキュメンタリーだった。

「沖縄とは、私にとって一つの恋のようなものだった」

と岡本太郎は言ったそうだけれど、沖縄を旅したのは10日ほどだったらしい。

それでも、相当共鳴するところがあったらしく、

彼の撮影した写真は、沖縄の人たちの生身の姿を深く切り取っているようにも見える。

万博の少し後に生まれた世代なので、

岡本太郎という人がどんなアーティストだったのか、

正直なところよくわからないのだけれど、

芸術家は、科学者よりももっと長い時を見据えたヴィジョンを提示することができる存在だという主張(冒頭のナレーションでそんなことが語られていたような記憶がある)は、同意できると感じる。

芸術家のもつそうしたヴィジョンは、かつてはシャーマンが担っていたものなのだろう。

だからこそ、岡本太郎が久高島を訪れたとき、島のシャーマン(巫女)だった久高ノロは、彼を受け入れたのではないか、という気がしてくる。

作品でも度々出てくる久高ノロのアップの写真は、

確かにとても気品と迫力のあるものでした。

久高島には、20年くらい前に沖縄であった箱庭療法学会の後に訪れた。

そのときに、散歩がてら一人で島内を散歩した。

「御嶽には男は入ったらいけない。男が入ると子供に恵まれなくなる」

と注意されていたので、そういう神聖な場所は避けておこうと思って、

居心地よさそうな空き地にしばらく腰かけてぼんやりしてから宿に帰ったら、

まさにそこが御嶽だったと後から聞いたという思い出がある。

そこで座っていたら、木陰に猿みたいな生き物がさっと走っていったということがあって、宿に帰ってから同じく箱庭療法学会帰りの先生たちにその話をしたところ、「この島に猿なんていないから、それはきっと違うものを見たに違いない」と言われた。

ユング派の、アクティブイマジネーションを研究している先生が、「きっと何か違うものを見たのだろう。探求すればユタになれるぞ」と言ってくれたのだけれど、「え、いや、あの、ユタにはなりたくないんです」と答えてしまった。

後でユング(かユング派)のアクティブイマジネーションについての本を読んだときに、同じように「猿みたいな何かが視界をさっと横切る」という体験から、能動的創造に入っていった事例を読んだことがあった(うろ覚えなので、ちょっと違うかもしれない)。

その後何年か独学で、アクティブイマジネーションを試みていたことがあるけれども、例の「久高島の猿」は度々イメージに現れて、ときに僕を皮肉ったり、導いてくれたりした。

なんてことを思い出した映画でした。

札幌の発達障害支援小冊子「虎の巻」

札幌市が作った発達障害支援の「虎の巻」 ネットで話題(朝日新聞)

発達障害のある人が社会で活躍できるよう、札幌市が支援のポイントをまとめた「虎の巻」が、インターネットで話題を集めている。

ダウンロードは以下から。

発達障がい支援情報のページ

この冊子は、わかりづらいと言われる発達障がいの障がい特性と、家族や周りの人たちとの間で起こりがちな、思いの違いや対応法についても、イラストを用いて視覚化しています。
「職場で使える『虎の巻』」は、発達障がい者の働く力が存分に発揮できるよう、実際に発達障がい者の就労を支えている事業所などで支援ツールとしてご活用ください。
そして、「暮らしで使える『虎の巻』」は、ご家族だけで悩みを抱えることなく、周囲の方々や相談機関の協力を得ることも必要であることのメッセージとなっております。必要な方にぜひ、ご覧いただきますよう、ご紹介ください。

とのこと。

『精神病と統合失調症の新しい理解』

英国心理学会・臨床心理学部門監修 A.クック編『精神病と統合失調症の新しい理解』国重浩一・バーナード紫訳、北大路書房、2016年

英国心理学会の臨床心理学部門による報告書。

原著はインターネットで全文ダウンロードして読むことができる。

Understanding Psychosis and Schizophrenia|The British Psychological Society

イギリスの臨床心理士という専門家集団による「提言」であり、従来の精神医学に異議申し立てをする政治的なアピールでもある。

そういう意味で、「報告書」であるのになかなか刺激的な本だった。

幻聴や妄想などの体験はこれまで統合失調症をはじめとする精神病と関連づけられ、投薬や入院による治療が中心に行われてきた。

ところが、心理学者たちの研究によると幻聴や妄想などの「異常な」体験は、実のところ多くの人が経験していて、同時に普通に生活も続けているということが明らかになってきた。

中井久夫先生に「世に潜む患者」というエッセイがある。病院に通院して精神病者として生きているのではない「患者」が世の中には大勢いるという内容だった。

阪神淡路大震災の時に避難所で会った人たちの中にも、「世に潜む患者」と言ってもいいような人が何人かいたのを記憶している。彼ら・彼女らは、災害によって「妄想」などの体験が周囲に知れることとなり、福祉や医療に「見つけられ」、治療対象として精神病院に入院することになった。災害がなければ、おそらくそのままひっそりと世界の片隅で暮らしていたのかもしれない。

本書の内容に戻ろう。

「はじめに」には次のように記されている。

これまで主に生物的な問題、すなわち疾患と考えられてきたものの心理的状態についての理解は、近年大幅に進歩した。その生物的な側面については実に多くのことが執筆されているが、本報告書は心理的かつ社会的な側面に焦点を当てることによって、これまでのアンバランスを是正することを目的としている。さらに、このような体験をどう理解するか、またそれが苦悩となるときにはどう支援したらよいのか、の両面についても述べることにする。

精神医学(と製薬会社)が生物学に偏りがちなのは事実だし、「精神病」の心理的・社会的側面にこれまであまり注目されてこなかったのも確かだろう。

この報告書は、もちろん英国の職能団体としてのポジショントークという意味も持っているのだけれど、それでも大きな価値を持っていると言えると思う。

以下、本書の「要旨」から抜粋。

声を聞いたり妄想を抱いたりすることは、しばしばトラウマや虐待、あるいははく奪などに対する反応として一般に体験されるものである。このような状態を精神障害や精神病、あるいは統合失調症の症状と呼ぶことは、1つの考え方でしかなく、それは利点と欠点を伴うものだ。

すべてではないにしても、大多数の人々にとって、声を聞いたり妄想を抱くことは一時的な体験に留まる。そのような体験をする人々でも、幸福で良好な人生を送ることが多いものである。

このような体験をする人々が暴力的になりがちだというのは俗説に過ぎない。

心理療法(話すことを基盤とした治療)は大多数の人々にとって大変役に立つものである。英国国立医療技術評価機構(NICE:National Institute for Health and Clinical Excellence)は、精神病または統合失調症の診断を受けた人すべてに、話すことを基盤としたセラピーが提供されるべきだとしている。しかし現在、多くの人々はそれを利用する機会がない。

さらに一般的にいえば、自分の体験の詳細を語り、自分に何が起こったの解釈する機会を、支援サービスが人々に提供することが不可欠となる。しかし驚くべきことに、実際にはほとんど行われていない。専門家は、人々が特定の解釈、たとえば、そのような体験は病気の症状である、というような理解様式を受け入れるように主張すべきではない。

支援サービスは根本的に変わる必要がある。さらに、虐待やはく奪、格差などを取り除く対策を立て、また予防する努力が必要とされている。

以上。

オンラインカウンセリングは専門性で選ばれる

近頃、米国のオンラインカウンセリング事情を調べている。

Thriveworksという、適切なカウンセラー・セラピストを探すサイトのオンラインカウンセリングの広報動画。

カウンセリングを受けようと思ってもみんなあれこれスケジュールがあって忙しいし、なかなか予定が合わない。でもオンラインカウンセリングなら、離れていても、時間があまりなくても、あなたの問題に適切なスペシャリストを探すことができますよ、といった内容だった。

他のオンラインセラピー・カウンセリングに関するウェブセミナー動画を見ると、「従来のカウンセリングは地域などで選ばれたが、オンラインカウンセリングの場合、より専門性(ニッチ)が重視される」とのことだった。

こちらは、Turning Point Counselingというチャットかメールが中心らしいサービスのイメージ動画。家の中でふるえていた緑の三角くんが、カウンセラーとのメールのやり取りで心配事を整理できて外出できるといったストーリーのよう。

もう一つ。7Cups of Teaというサービスの紹介動画。

クライエント/患者を遠隔メンタルヘルスに導入する7つのティップス

テレメンタルヘルス研究所のフリーウェビナー(ウェブセミナー)を一つ受講してみた。

Home

7 Tips for Introducing Telemental Health to Clients/Patients
クライエント/患者を遠隔メンタルヘルスに導入する7つのティップス

というタイトルの講座。

2009年のAPAによる研究では、サイコロジスとの9.8%が臨床的な目的でクライエントとEメールを用いていると報告している(Jacobsen & Kohout,2010)。

オンラインカウンセリング・セラピーの利点やリスク(アクセスしやすいとか、メールを他人に読まれることがあるナドナド)と、起こりうることが挙げられていた。

セッション中に泣いてる子がドアを叩くとか、配偶者や他の家族が部屋に入ってくる、ドアベルが鳴る。

APAの遠隔心理学(テレサイコロジー)ガイドライン

  • クライエントを十分アセスメントすること(対面でのアセスメントが勧められている)
  • 緊急事、そして退院計画のために、クライエントの住む地域の資源に注意すべし。
  • 全てを記録しておくこと
  • 専門的なトレーニングを受けること(それも記録しておくこと)

ATA(アメリカ遠隔医療協会)ガイドライン−緊急事

  • 緊急事のプロトコルは、緊急事態における役割と説明を明確にして作成されるべきだ。
  • 初動プロトコル
  •  部屋を探る:一人か?
  •  銃はある?
  •  アルコールやドラッグは?
  • 患者の住居のアセスメントをすべし。その地域の法律や緊急事の資源に関する情報を入手することも含まれる。そして、緊急事に援助を求めることができるだろう地域の協力者を特定しておく

アセスメントの問題

  • 薬物の処方が出ているかどうか
  • 家に銃器があるか?
  • 薬物やアルコールが家にあるか(乱用のための)

銃があるかどうかを確認しとけ、というのはいかにも彼の国らしい。

 

うつ病の機能水準とQOLへの心理療法、薬物療法、両者の併用の効果[文献]

Kamenov K.et.al. The efficacy of psychotherapy, pharmacotherapy and their combination on functioning and quality of life in depression: a meta-analysis. Psychol Med. 2016 Oct 26:1-12. [Epub ahead of print] PMID: 27780478

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27780478

うつ病患者に対する精神療法と薬物療法、そしてそれらを併用した治療が、機能水準やQOLQuality of Life)にどの程度の効果を持つかということをランダム化比較試験のメタアナリシスにより検討。

コントロール群と比べて、精神療法、薬物療法はQOLに関して低〜中等度の効果を持つことが明らかになった。出版バイアスを調整すると、精神療法は薬物療法よりもQOLに向上に効果的だった。

両者の併用は、どちらかだけの治療よりも優れていた。

『近世イギリスのやぶ医者の社会史』

近世イギリスのやぶ医者の社会史』(岡崎康一、象山社)を読み返していたら(本棚になぜか二冊もあった。pdfで全文読めることを知った)、次のような一節がありました。

二人のやぶ医者が、フランス王(著者注。ルイ十四世)のまえで、どちらがよりすぐれた医者であるか論争になった。雌雄をけっすべく、二人は命を賭して、やってみることになった。どちらが先にはじめるかを決めるためにクジを引き、クジを引いたのち、片方が他方に毒をあたえ、それを飲めといった。いわれた方は毒の入ったコップを受けとり、それを飲んだ。そのあと、彼は自分の解毒剤を飲み、体を少しこすると息をふきかえした。その後、彼は完全に復調し、こんどは相手にある散薬を渡し、それを鼻の孔から吸いこめといった。相手はいわれたとおりにして、死亡した。解毒剤はなんの役にもたたなかった。王は、残ったやぶ医者に、いま彼に渡したものはなんだと尋ねた。もっとも有害な潰蕩から抽出した毒でございますと彼は答えた。

サー・トマス・アイシャムという人物が残した1670年代の日記の記述だそうです。『嘘喰い』でこんな感じの勝負をやってますな。臨床心理士(ヤブ)同士が「決闘」するとしたらどんな戦いになるのだろう、なんて想像してしまいました。

それだけ。

『うつを克服するためのポジティブサイコロジー練習帳』

『うつを克服するためのポジティブサイコロジー練習帳』

『ライフストーリー・レビュー入門:過去に光を当てる、ナラティヴ・アプローチの新しい方法』

少し前に、ニューヨークで流行っているらしい「The Moth StorySLAMs (ザ・モス ストーリースラムス)」というイベントについての記事を読みました(HEAPS“一般人版”のTED?情熱大陸? フツーの人の“赤裸々体験談”が「有料トークイベント」になるワケ)。

語り手がステージに上がり、お題にそったストーリーを5分間で話すというイベントで、「他の人は話を遮らない」「自分の経験に基づいた実話を話す」といったことがルールだといいます。

一般人向けのTEDとか情熱大陸と記事タイトルには書かれていますが、「すべらない話」っぽいような気もします。

とはいえ、「トーク力」を競う場ではないのだそうです。

あくまでも「あなたの口から、あなた自身の話が聞きたいんですよ」と市井の人々のストーリーに価値を見出し、それを共有する場

とのこと。

 

続きを読む