発達障害

ADHDのチェックリスト(ASRS)について

注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは

注意欠陥・多動性障害(Attention-deficit/hyperactivity disorder:ADHD)は、多動や衝動性、不注意といった特徴をもつ発達障害のひとつ。中枢神経系の未成熟さやなんらかの偏りに寄ると考えられている。通常、小児期から認められ、一般的には脳の成熟とともに多動性や衝動性は目立たなくなっていくことが少なくない。しかし、成人期でも2~2.5%にADHDが認められる(学齢期のADHD有病率は3~5%)。

小児期では、学習障害や発達性協調障害、反抗挑戦性障害、素行障害などの合併が見られることがある。成人期においては、気分障害や不安障害、物質関連障害が併発することも。

多動性、衝動性は大人になると収まることが多いが、不注意は持続しやすく、日常生活や仕事などの社会生活で「ミスが多い」「約束を忘れる」といった現象として現れて問題となることがある。

成人期のADHDの自己記入式症状チェックリスト(ASRS-v1.1)

ASRSは、世界保健機関(WHO)で作成された成人期のADHDのスクリーニングのための自己記入式症状チェックリスト。5分程度の時間で実施できる。

大人のADHD症状チェックリスト:成人(18歳以上)用

pdf版はこちら

英語版は以下。

Adult ADHD Self-Report Scale (ASRS-v1.1) Symptom Checklist[pdf]

ASRSのパートAの診断テストとしての評価では、感度 68.7%、 特異度99.5%と報告されている。

感度と特異度とは、ある疾患について、その検査が疾患のあるなしをどれくらい正しく判定できるかということを示す指標。

感度とは、病気をもっている人のなかで、その検査で陽性と出る割合を指す。つまり、検査の感度が高いということは、その疾患(この場合ではADHD)の患者の大部分が検査で陽性となるということ。ASRSの感度68.7%という数字は、それほど高いわけではないのか。3分の1くらいのADHDの人がひっかからない。

特異度とは、その疾患をもっていない人の中で、検査でも陰性と出る人の割合。ASRSは特異度が高い。つまり、この検査で陽性と出れば、ADHDをもっている可能性が高いということ。参考「感度と特異度

ということだが、調べてみた限りではこのチェックリストは日本人を対象に標準化されているわけではなようだった。

 

参考
ASRSを翻訳した武田俊信先生のサイトに資料がありました。

武田俊信研究室

原著版の紹介動画。

ADHD CME: Screening for Adult ADHD with ASRS Technology , ADHD in Adults

 

【追記:2017.5.12】

「大人の発達障害」6つの質問でわかる 「会議で席を立つ」「人の話が聞けない」

という記事を見たら、ASRS、最近、「DSM-5」に即した内容にアップデートされたようです。

(1)直接話しかけられているにもかかわらず、相手の話の内容に集中することが難しいと感じることがあるか。
(2)会議などの着席していなければならない状況で、席を離れてしまうことがあるか。
(3)余暇などで時間に余裕がある時でも、一息ついたり、ゆったりとくつろいだりすることが難しいことがあるか。
(4)会話を交わしている相手の話がまだ終わっていないのに、会話をさえぎったり、途中で割り込んだりして相手の話を終わらせてしまうことがあるか。
(5)しなくてはいけない物事をギリギリまで先延ばしすることがあるか。
(6)日々の生活をスムーズに送るために、誰かに依存することがあるか。

との6項目で、(6)などは新しく追加されていますね。

(1)全くない(2)ほとんどない(3)時々ある(4)よくある(5)非常によくある、の5段階で解凍してもらい、全くないが0点、(2)~(5)は項目ごとに2~5点の範囲で加点され、合計点で評価されます。カットオフポイントについては、書かれてないですね。

わずか6問で成人期ADHD患者を発見米グループがDSM-5版のスクリーニングツールを作成

などでも紹介されていました。

ソースは、

JAMA Psychiatry誌に掲載された

The World Health Organization Adult Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder Self-Report Screening Scale for DSM-5. 2017 May 1;74(5):520-526

です。

 

夫婦のADD『へんてこな贈り物 誤解されやすいあなたに―注意欠陥・多動性障害とのつきあい方』

へんてこな贈り物―誤解されやすいあなたに--注意欠陥・多動性障害とのつきあい方

読んだのでメモです。

子どものADD、大人のADD、夫婦のADD、ADDと家族、様々なADD

などなど。

 

夫婦のADD

「ADDと自分勝手のちがいはなんなんです? 病的ナルシシズム、自己陶酔とかってのがあるんじゃないの? サムはそれじゃないかしら。自分のことしか頭にないんですもの」

「少しちがった見方もできると思いますよ」「いつも気が散っていたり、退屈になるまいとして、常に強い刺激に溺れるので、自分のことしか気にかけていないように見えるんです」

「それじゃ、この人は私がたいくつなのかしら」

「あなたではなく、日常生活が、です」

「君がつまらないんじゃないよ、メアリー。本当に違うよ」

云々。

「夫婦のADD-25のコツ」が興味深かったので紹介します。

  1. 正しい診断を受ける
  2. ユーモアを忘れるなかれ
  3. 停戦を宣言しよう
  4. 二人で話し合う時間を決めよう
  5. 秘密をぶちまけること
  6. 自分の不満や変えたいこと、変えずにおくことを書き出す
  7. 治療計画を立てよう
  8. 計画に従ってやりとげる
  9. リストを作ろう
  10. 掲示板を利用しよう
  11. ベッド、車、トイレ、台所にノートを置いておこう
  12. 相手にしてほしいことを毎日リストにして渡す
  13. 性生活をADDの光に照らし、とくと眺めよう
  14. 「汚し役と片づけ役」のパターンにはまらない
  15. 「口やかましい人と、聞く耳のない人」のパターンを避ける
  16. 「被害者と加害者」のパターンを避ける
  17. 「主人と奴隷」のパターンを作らない
  18. 「サドマゾ的」にならない
  19. たいていの人間関係の背後にある、支配、優位、服従の力関係に気を付け、ADDのあるお互いの関係に、それおらを入りこませないようできるだけ協力しあおう
  20. ネガティブ・テープを壊そう(「おまえはできない」などのネガティブなセルフトークのこと)
  21. どんどんほめ言葉を使い、励ます、ポジティブ・テープをかけよう
  22. 「気分の管理」を学ぼう
  23. 整理上手なほうに仕事を任せよう
  24. お互いのための時間を作る
  25. ADDをいいわけにしない

以上。

絵画配列、動作性IQと自閉症スペクトラム指数

自閉症スペクトラム障害(Autism Spectrum Disorder;ASD)の患者30人を対象に、Wechsler式知能検査(WAIS-Ⅲ)と自閉症スペクトラム指数(AQ)を実施し、その関連を検討した研究。

ASD患者のWAIS-Ⅲでは言語に関する認知機能が他の認知機能に比べて高かった。さらにWAIS-Ⅲの動作性IQや絵画配列とAQの注意の切り替えやコミュニケーションの間に正の相関がみられた。すなわち予想されるのとは逆に,動作性IQや絵画配列の能力が高いほど主観的には困難を強く自覚していることが示唆された。

成人高機能自閉症スペクトラム障害におけるWechsler式知能検査と自閉症スペクトラム指数との関連, 精神医学

生育史や現在の困難、WAIS-Ⅲなどの心理検査にはかなりはっきりASDの特徴が表れているのに、AQなどの自己申告の質問紙ではまったくそうした特徴や困難を自覚していない人たちも確かに多い。

いわゆる「積極奇異型」と呼ばれるような人のなかには、「自分は社交的でコミュニケーションが得意だ」と体験している場合もあるので、周囲の受け取り方とズレが大きいのだろう。

 

 

自閉症スペクトラム障害におけるスクリーニングと診断

自閉症スペクトラム障害(ASD)のスクリーニングと診断アセスメントについてのメモとリンク。

1次スクリーニング

たとえば検診などにおいて、多人数でも実施可能なチェックリストなどが中心。

・M-CHAT(乳幼児期自閉症チェックリスト修正版)

16か月~30か月の用事を対象に、視線追従や叙述の指さしなどの共同注意行動を中心とした23項目から構成されている。

「何かに興味を持った時、指をさして伝えようとしますか?」
「あなたに見てほしいモノがある時、それを見せに持ってきますか?」
「あなたが見ているモノを、お子さんも一緒に見ますか?」

など。

[PDF]自閉症スペクトラム障害(ASD)の早期診断への M-CHAT の活用 

[PDF]日本語版 M-CHAT – 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター

・SCDCチェックリスト(対人コミュニケーション障害チェックリスト)

児童・生徒を対象とした、他者の感情の理解、自身の感情表現や対人行動に関する12項目。

・児童精神科医以外の医療機関からの紹介

・周囲や本人の気づき

2次スクリーニング

・AQ(自閉症スペクトラム指数)

[PDF](AQ)日本語版について

自閉症スペクトラム指数 (AQ) 日本語版の標準化 高機能臨床群と健常成人による検討

 自閉症スペクトラム指数とワーキングメモリ容量の関係:定型発達の成人における自閉性障害傾向

AQ高群では低群よりも視空間ワーキングメモリ容量が小さかった.全参加者による相関係数でも,AQと視空間ワーキングメモリ容量の間には負の相関が認められた.しかし,音韻,実行系ワーキングメモリ容量とAQの間には関係が見られなかった.これらの結果は,自閉性障害者で見られる認知特性が,定型発達の成人の自閉性障害傾向でも同様に関わっていることを示唆している.

なるほど。

“社会的失言 (faux pas)” 検出課題と 自閉症スペクトラム指数の臨床的適用に関する考察[pdf]

〈ミチル君はトシヒコ君の誕生日プレゼントにおもちゃの飛行機をあげました。数ヶ月後、二人は一緒にその飛行機で遊んでいました。そのとき、ミチル君は飛行機を落としてしまい、飛行機は壊れてしまいました。トシヒコ君は「気にしないで、これ好きじゃなかったんだ。誰かが僕の誕生日プレゼントにくれたの」と言いました。〉
質問:〈さて、今のお話で、誰か何か言ってはいけないことを言いましたか〉

政治家向けの「社会的失言検出課題」が必要だな。

・AQ児童用

[PDF]児童用AQ (日本語版 )の作成と標準化について

7歳~15歳を対象とした他者評定式、50項目の尺度で、カットオフ値は20点。

・PARS

広汎性発達障害日本自閉症協会評定尺度(Pervasive Developmental Disorders Autism Society Japan Rating Scale)。幼児から成人までを対象に、親や養育者への面接をもとに評定する。

評定項目は、1)対人、2)コミュニケーション、3)こだわり、4)常同行動、5)困難性、 6)過敏性 の PDD に特徴的な 6 領域 57 項目で構成されます。なお、 5)の「困難性」 の項目は、PDD に特有の適応困難特性であり、不器用さや PDD に見られやすい併 発症などを含んでいます。「PARSについて

現在は、 改訂されてPARS-TRになっているよう。詳しくは、スペクトラム社のサイトを。

・SCQ

SCQ(Social Communication Questionnaire)は、ASDの可能性がある対象者の保護者(養育者)が回答する、コミュニケーションと対人機能を評価するためのスクリーニング尺度。「誕生から現在まで」と「現在」それぞれ40項目ずつ。

・CARS

3歳~12歳対象の小児自閉症評定尺度。「新装版」に改訂されているよう。CARS2には、行動観察も含まれる。

 

どのようなスクリーニング検査においても、偽陰性の可能性はある。カットオフ値を下回っていても、ASDの可能性が完全に否定されるわけではない。

ASDの診断・評価用アセスメント・ツール

ADI-R日本語版

ADI-R(Autism Diagnostic Interview-Revised)は、幼児から成人までを対象に、親への半構造化面接で実施される(90~150分程度)。

ADI-R (自閉症診断面接 改訂版)による検証と解釈

ADOS-2

ADOS-2:自閉症スペクトラム評価のための半構造化観察検査。しかし定価55万円って。

 

【参考文献】

黒田美保「発達障害の特性把握のためのアセスメント」『臨床心理学』第13巻第4号、2013年

[PDF]発達障害児者支援と アセスメントに関する ガイドライン – アスペ・エルデの会