心的外傷後の悪夢とイメージ・リハーサル:覚醒夢の役割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
心的外傷後の悪夢が、イメージ・リハーサル療法によって改善するという研究です。
Posttraumatic nightmares and imagery rehearsal: The possible role of lucid dreaming.
Harb, Gerlinde C.; Brownlow, Janeese A.; Ross, Richard J.
Dreaming, Vol 26(3), Sep 2016, 238-249.
PTSDと悪夢に悩まされるイラクやアフガニスタンに派兵された退役軍人を対象に、イメージ・リハーサル療法の効果(そして覚醒夢が潜在的に果たす役割)が調べられました。

 

不眠の認知行動療法(components of Cognitive–Behavioral Therapy for Insomnia:cCBT-I)のみを受けたグループと、それに加えてイメージ・リハーサル療法を受けたグループを比較し、PTSD症状と治療前後の覚醒夢についての質問紙に回答しています。

治療前の退役軍人たちの覚醒夢は、夢だと気づく度合いは高いが、内容をコントロールすることが難しいという特徴をもっていました。

イメージ・リハーサル療法+cCBT-Iを受けた後は、夢への気づきは伴わないが、夢内容をコントロールできる度合いが、cCBT-Iのみの群よりも高かったとの由。

 

そして、夢をコントロールできるほど、悪夢の苦痛は減っていたとのことです。

ということで、覚醒夢の特徴のなかでも、夢のコントロールが、心的外傷後の悪夢に対するイメージ・リハーサル療法による治療的変化に貢献しているだろうとの結論でした。

イメージ・リハーサル療法について、

を読んでみると、悪夢をそれほど怖くない終わり方になるように再びイメージして、「リプログラム」するような方法だそう。一度、新しいエンディングになるように書き出して、それをリハーサルするとのこと。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*